生きている彫刻

生きている彫刻は、たくさんの積み木から組み立てられた人のセルフイメージです。

地球の原料が限られているように、人は自身と環境を型にはめます。人個人と同様に生きている彫刻は、瞬間世界に出現します-両者は しばらく世界で存在しますが、時間が経つと原料に戻ります。自然の原料のように組み立てられた積み木も同様です-構造の均衡を維持することと他のものと同様に構成を無くさないようにすることが大事です。

生きている彫刻は、単純で抽象的な木製の積み木から成り、テーマに限定されないので、多目的に使用できます。積み木は、化学物質で表面加工しておらず、木は、耐性(安全性、表面使用)に加えて、木の自然の色に沿って選択されています。木は、衛生的です: 木は自己洗浄し、伐採されても呼吸をします: 生きている彫刻は100%リサイクルできます– つまり永遠に使用できます。

生きている彫刻は、簡単に様々な場所に動かしたり、設置したりできます:コンパクトで、小さな場所にも合い、特に必要なセッティングや配送方法もありません。

生きている彫刻は、様々な場所にご注文可能です。

You must install Adobe Flash to view this content.

Video:
Tommi Katajisto/Kallo Works
Jarkko Montonen/ Porin videotuki

Revitalization of the sculpture:
Kulttuuritalo Annankatu 6